ogatazyuku’s blog

ogatazyuku’s blog

尾方塾の生徒たちと歩む日々の出来事

塾内テストをします

近くの中学校の予定で、今日3日に課題テスト、来月に1学期の期末テストがあります。

2学期以降の定期テストについては、大体これまでと同じような日程になっています。

 

こちらの兵庫県の第3学区の高校入試では、内申点と当日点の割合が半分ずつなので、内申点は大きなウエイトを占めます。

そして、この内申点は2学期の通知表の成績でほぼ決まります。

 

例年でしたら、1学期がイマイチ実力を出しきれずに済んでしまっても、2学期で何とか挽回することができる可能性はありました。

 

しかし、今回は今後、また学校が休校になってしまったら、2学期以降のテストがどうなるのかわからない状況です。

 

だとすれば、今日のテストも含めて、直近のテストでは、出来るだけ生徒たちが失敗しないようにして、内申点にどのテストの結果を使われてもいいようにしなければいけません。

 

それには、現時点で出来ていなければいけない範囲のものを今の自分ができるようになっているのかを客観的に知る必要があり、不足していることがあればテストまでにできるようにしなければいけません。

あくまで学校のテストがぶっつけ本番にならないようにするための事前準備のひとつとしてのテストです。

そして、中学2年生については早くから少しでも入試への意識を持ってもらう狙いがあります。

中学1年生についてはまだ学校の授業がほとんど進んでいないこともあり、今回は見送りました。

 

また、このテストでは全国での順位が出ます。

ここで、兵庫県の入試だから全国の順位は関係ないのではと思われる方もいると思われます。

 

これは私の強みなのですが、全国に知り合いの塾長がいるので、その地域でのトップ層の生徒がどれくらいの順位でどういった成績だったのかを聞いて、比較することができます。

このことは将来、生徒たちが大学入試をする際に、まだ見ぬライバルたちとの切磋琢磨をするモチベーションになります。

 

入試はよくスポーツの地方大会と全国大会に例えられます。

高校入試は地方大会で、大学入試は全国大会です。

私の生徒は地方大会で満足してしまうのではなく、全国大会を見据えて勉強してほしいです。